starry-image blog

星空写真館 HIRO.KOYAMAのブログ
(写真館本館はLINKからどうぞ!)

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2016.08.05 Friday

暑い…

暑い… シーズンオフですな…(笑)

 

まずは…GPD赤道儀のオーバーホールを実施。

 

そして、新機材を投入!

ステラショット&TOMITA 60mm/f4ガイドスコープ+QHY5L-2 

実践は…涼しくなってからかな〜

 

 

 


2015.10.13 Tuesday

SAMYANG 14mm F2.8

この前書いた新機材!は…

SAMYANG 14mm F2.8 IF ED UMC Aspherical だ。
格安のレンズで、その分リスクもある…(当たり外れがある。興味のある人はネット上で検索してくだされ。)
で、自宅から数分の視界の開けた場所でテスト。EOS 6Dにて60秒露出ではあるが、Higlasi-1A にてガイド。
LEE soft No2(kouchan Ver.) を使用。友人のコウチャンに切れ端(笑)を譲ってもらった。感謝!!
なお、5カ所のアップは等倍。
多少右側下が流れ気味なのだが…まずまずな個体なのでは?
それにしても、かなりな広角なので、扱うのが難しいな…星景用ではあるんだけど…





 

2015.10.11 Sunday

備忘録?

手持ちのフィルター関連の 備忘録

光害カットフィルター


IDAS LPS-P2 M52mm  (10cm屈折の鏡筒内) (R200SS用カメラマウント内?)
LPR-N フィルター  キヤノンEOS用/キヤノンEOS Kissシリーズ (kissボディ内)
Astronomik EOS Clip CLS Filter 無改造ボディー用 (kissボディ内)

拡散フィルター系

ハリソン N02
Kenko カメラ用フィルター PRO1D プロソフトン [A] (W) 77mm +ステップダウンリング(各サイズ)
LEE soft No2(kouchan Ver.) (レンズ後玉付近に貼り付け)

p.s コウチャン!感謝!

 

2015.10.01 Thursday

LEE フィルター

現在、星景写真用の、拡散フィルターだが、 

ハリソンのN02&No3(だったはず…(笑)) 
Kenko カメラ用フィルター PRO1D プロソフトン [A] (W)

を使用している。 まあ、フィルム時代に使っていたハリソンも良いのだが、取り付けに一工夫必要だった。
で、Kenko のは77ミリで、それ以下のサイズは、フィルターリングでサイズダウン。
が、手持ちの一つである、新機材のレンズは後玉に取り付けるしかない。 でLEEというわけだ。
ところが、どこにも売っていない… ヤバイ!検索検索!!
で、在庫があるらしい店で購入!そしたらなんと、在庫で無くて、取り寄せ… 
そのウェブの表記が変更になり、一週間で発送。
無事に発送されればいいが… 取り扱い元のKenkoのサイトには、3ヶ月待ちの付記もある… まさか生産中止とか?うーむ。
アマゾンだと、今日付で在庫がいくつか復活? うーむ。キャンセルできないし… 
どうなってしまうの?LEE!! 



 

2015.09.26 Saturday

新機材

新しい機材を投入!  <注:格安モノ(爆)>
噂に聞いていたし、昨年、お仕事の時に、とある方にこの機材を勧められていたので、迷ったが投入。
テスト次第書くつもり…

2012.10.23 Tuesday

久しぶりな…その2



機材…の話ですな…

とある機材を入手し、テストをしたときの画像。
テストしたのは「赤道儀そのもの」も対象
これだ〜http://ndl2000.sakura.ne.jp/sekidougi/higlasi-1_00.html
感想は「これいい!」 細かい事は、また改めて〜

で、画像の方に話を戻す!
最初に: ある程度の画像処理はしてあります。がきっちり条件をそろえた画像処理ではありません。
「こんな感じに写る」というあくまで「目安」の画像です。

上    
X2の天体用改造カメラの画像 カラーバランスが崩れて赤が強いな、光害の影響も…ま、当然だが…

真ん中 
未改造50Dに「某フィルター」を取り付けて撮影。赤はほとんど写らんな〜カラーバランスも崩れてるなあ。光害はある程度対策されたな。


上記x2に某フィルターを取り付けて撮影。いいんじゃやない?鑑賞画像としては、これでいいかも。

お気軽な撮影にはいいかもね〜


 



2012.06.28 Thursday

これは!!

天体 撮影機材の話題…

とても興味深くて、ワクワクする機材を見つけた!
近いうちに入手・テストする予定!!
まだ、内緒…


2011.11.24 Thursday

50D

 今日…EOS40Dに別れを告げた…
買った当初はメインで、7D購入後はサブ機として使用していた。
実に頼りがいのあるボディであった…ありがとう40D!

今日からは、サブ機はEOS50Dである。40Dとはほとんど差がないように思われているが…
決定的な違いが「マイクロアジャストメント」だ。40Dにはない。現行の60Dにもない!!!

今まで気にしていなかったこの機能だが…
TAMRONの18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZDの購入を機に一気に重要視することになった。 
タムロンのこのレンズ、本来の性能はなかなかだ。が、いかんせん、シビアな目で見ると出荷基準はクリアーなのかもしれないが、ピンが甘すぎる。で、7Dで試行錯誤した結果、
「マイクロアジャストメント」+10にたどりつく。(個体差だね) 他の所有レンズ全てをテストした。やはり、全部のレンズに個体差があり「マイクロアジャストメント」を使う事により、ほぼジャスピンを得られている。Lレンズもしかり!(補正値は小さいが、はやり個体差はある。補正が必要だ!) メーカーで調節してもらうのが本来だろうが…狂い、誤差は付きものだよ。

そんなわけで、サブ機!さすがにもう一台7D!と言うわけにはいかず… 「マイクロアジャストメント」搭載で考えたら、「中古の50D」となったわけである。 早速店頭で、自宅でテスト!新入りの50D!イイ奴だ!気に入った! 



2011.11.05 Saturday

ありゃ〜 レンズのその後

  TAMRONの18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZDのその後

結果!「不良品」

 以上


やれやれ… 交換したものは、まともに動くのでよしとする。
入間でも40Dとの組み合わせで実践投入!まずまずの結果…
ただ、7Dでは、マイクロアジャストメント+10 40Dにはこの機能がない。
40D…良いカメラだが…うーむ。



2011.11.01 Tuesday

ありゃ〜

 TAMRONの18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD を購入!
何しろ、軽い。「ついでの遠征時」にかなり助かる!評判も良い!

で、簡単なテスト撮影。 微妙に…?? な手応え。 が、まあ、こんなもんだろうと…

で、名古屋セントレアで実践! そしたら… ありゃ〜 なんだこれ?
全くのダメダメ。 
確かに…店舗でも、テスト撮影でも、ハードなテスト(動体対象)はしていなかったが…
止まっている被写体は問題ないのよね〜

分かりやすく言うと、飛行機!動体ですな。それににピンが合わない! 9割方合わない!ありえな〜い! もうとんでもない事態! がこれ1本なのでしかたない。数打ちゃ…当たらんぢゃないか!ええ?何これ??

 「なんで追従せんのだ!ボロ!
TAMRONのばか!とんでもないボロレンズだ!!」
と超憤慨!

帰ってきて、買った店に行って、店員がテスト…?「正常ですかねえ…」(なわけない!!)
事情・症状ををたっぷりと説明したら「交換します」とのこと。

今テスト中!感触は…結論は出ていないが、「普通」な感じ。追従もフォーカススピードも。

明日また、テストする。鳥とかでね…さっきも「夜間の自動車撮影」でテストした。
が、  TAMRONよ!まだ信用してないぜ! 

サブレンズとして、入間航空祭に投入できるかは…明日決まるな…







▲top